ITコンサルタントに求められるスキル条件

SEという経験がある方は、「これだけの経験や知識、技術力があれば、コンサルタントとしてもやっていくことが出来るだろう」と思っている方もいると思います。確かに、SEという仕事は多くの知識や技術を持っていることになりますから、自信を持っている方も多いでしょう。しかし、ITコンサルタントとして活躍するためには、求めらられるスキル条件があります。

では、ITコンサルタントに求められるスキル条件について、ご紹介しましょう。まず、ITコンサルタントとして仕事をする際、「何か、資格はいるのだろうか?」と思っている方もいると思いますが、コンサルタントとして活躍するために必要となる資格などはありません。「じゃあ、いつでもはじめられる」と思っている方もいると思いますが、ITコンサルタントとして活躍するためには、IT知識は必要不可欠。

どういったスキルが必要となるかというと…
・開発プロセスを理解していること
・設計の手法を理解していること
・下流工程なども、理解していること
・マネジメントスキルがあること

などが求められます。ということは、ITスキルを持っているだけではコンサルタントとして仕事をすることは出来ませんし、マネジメントスキルだけを持っていてもITコンサルタントとしての仕事を受けることは出来ないということ。コンサルタントに依頼してくる企業は、それぞれ悩みを抱えていることになります。深刻な悩みを抱えており、最後の砦としてITコンサルタントに依頼してくるケースもありますから、重圧も感じる仕事となります。

このように、ITコンサルタントとして仕事をするためには、多くのスキル条件を満たしていることが求められます。ITスキルが低いと感じる方は、ITスキルを上がていくことが求められますし、マネジメントスキルがないと感じている方は、マネジメントスキルを上げていくことが求められるでしょう。

また、コンサルタントではなくても、他に活用できる職種があります。
それはWebディレクターで、スキルも必要ですが、同じくらいマネジメントスキルや、設計・管理・品質管理が必要になるのです。あなたもWebディレクターの仕事をやってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です