リーダーシップスキルでチームをまとめる

チームのリーダー的存在となると、「プレッシャーを感じる」という方も多いでしょう。「今までの経験を生かして、チームをまとめていこう」と考えている方も多いと思います。チームで仕事をする際、会社勤めをする際には、誰でも「他の人に、嫌われたくない」と思いますよね。そのため、まとめ役となった時、「嫌われたくないから、指示が出来ない」という方もいると思います。しかし、これではリーダーとしての役割は果たせなくなってしまいます。

では、リーダーシップスキルにより、チームをまとめるにはどうしたら良いのでしょうか。チームをまとめるためには、チームの仲間から好かれることも大切。しかし、時には「嫌われるかもしれない」と思うような注意をしなくてはいけないこともあります。チームをまとめるということは、ダメな時にはダメと言えることも必要ということ。SEの仕事などは、チームで一つの仕事を進めることになりますから、一人でも脱落してしまえば、その仕事は作り上げることが出来ません。ということは、予定通りに作業が進んでいない、仕事がストップしている仲間がいる時には、「どうして止まっているの?」としっかりと確認し、「これでは、チームの仲間に迷惑がかかる」ということを伝えることが大切。もちろん、言い方には注意が必要ですが、しっかりとダメなものはダメと伝えるのもリーダーの役割となります。一喝した後には、「一緒にお昼に行こう」と気分転換などに誘うことで、「仕事で怒られているんだ」ということも伝えることが出来るでしょう。

このように、リーダーシップスキルを持って、チームをまとめるためには、単に仲良しチームを作るのではなく、ダメ叱咤激励も必要ということ。「嫌われるのが怖い」と思っては、リーダーとしては勤まりません。あくまでも、仕事として行っているわけですから、責任を持って仕事を進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です